ストレスが原因…どんなストレスでEDになったのか?

ストレスが原因…どんなストレスでEDになったのか?

この記事のポイント

  • EDを引き起こす精神的なストレスは、現実心因と深層心因のふたつ
  • 現実心因とは、現実にストレスと認知できるもの
  • 深層心因とは、無意識に避けてしまうトラウマなど

EDはストレスが原因で発症することがあります。

ストレスが原因でED、問題点はどこにある?

EDは、勃起不全や勃起障害と呼ばれている症状の事を意味しています。男性にとってEDは、深刻な悩みの1つでもあります。

性行為はパートナーとのコミュニケーションツールであることは、理解されているのではないでしょうか。一度や二度、性行為が成功しない程度なら問題はありませんが、EDが原因でいつまでも性行為ができない状況だとしたらどうでしょうか。ましてや夫婦となり、これから子供を作りたいと考えているのに、子作りができなくなるため、これが原因となり別離や離婚と言ったケースが出てきてもおかしくはありません。

ちなみにEDと言うのは、まったく勃起しない状態のケース、自力で勃起はするけれども女性器に挿入する前に元の状態に戻ってしまうケース、そして挿入はできるけれども射精する前に元の状態に戻るケース、などの症状が特徴です。

EDはストレスが原因で発症することがあります。

現実心因でのED

現実の生活のなかで感じるストレスが原因となってしまうことを、現実心因と言います。

例えば、自分の男性器に自身が持てないこと(コンプレックス)です。いわゆる「短小コンプレックス」と言うのは、実際に自身のペニスが小さくて恥ずかしい、小さいと思いこんでいる、小さいせいで女性を満足させることができない、といった劣等意識によるものです。自分は女性器のなかで射精はできるけれども、女性が十分な満足を得られないといった引け目を感じることがきっかけになり、EDの症状に発展してしまうケースもあります。

現実心因の可能性がある事情

  • 自身の性的コンプレックス
  • 過剰な緊張
  • パートナーとのトラブル
  • 家族問題
  • 妊娠への恐怖
  • 職場や人間関係のトラブル

深層心因でのED

幼少期や過去にあった心的な外傷の経験や、性的なトラウマなどが原因となって、実際の性行為の時にEDの症状となってしまうことがあります。このようなことが原因となってしまうことを、深層心因といいます。

現実心因と違って、自分では意識していない、意識できていないため、治療は困難だと言われています。

深層心因の可能性がある事情

  • トラウマ
  • 妬み
  • 不安
  • 愛憎での葛藤
  • 同性愛

原因によってはED治療薬で治すことも可能

EDは治療を行うことで、症状を治すことができます。

症状を緩和させるためにはEDの要因を探り当てること、そしてバイアグラなどのED治療薬を利用してEDの状態を克服させ、自分も女性を満足させることができると言った自信を取り戻すことが大切です。

深層心因の場合、治療に長い期間が必要とすることもありますが、心理的な療法で治ることも可能もあります。

焦らず、根気よく治療をしていきましょう。

内緒でこっそり、カマグラ使ってみませんか?

CTA-IMAGE カマグラゴールド100mgの買い上げ調査を行った結論、特におすすめしたいのは、あんしん通販マート(旧あんしん通販薬局)です。

はっきり言って価格は割高です。アイドラッグストアーやオオサカ堂に比べると、1.5倍ほど高くつきます。しかし、家族にも誰にも知られずに、秘密裏にカマグラを入手する条件が揃っています。

鉄則1. 支払いにコンビニ払いが使える
鉄則2. 受け取りに郵便局留めが選べる

アイドラッグストアーはコンビニ払いできる代わりに、商品の受け取りは自宅のみ。オオサカ堂は商品の受け取りに郵便局が指定できる代わりに、支払いは銀行振込みのみ。

あんしん通販マートなら、誰にも知られず、カマグラをこっそり入手できるのです。