カマグラによる死亡事故は報告なし!バイアグラの死亡事故をおさらい

カマグラによる死亡事故は報告なし!バイアグラの死亡事故をおさらい

カマグラによる死亡事故、過去に例はあるの?

カマグラによる死亡事故の情報はありません。しかし同一の成分であるバイアグラ(シルデナフィル)では、過去に死亡例がありました。

バイアグラの承認後、7か月の間に厚労省に報告された副作用を調べたところ、33例の副作用報告があり、死亡例が2例ありました。死亡したのは、70代の男性と40代の男性。また、33例のうち25例は、医師が処方した物ではなく、海外からの個人輸入や友人・知人から譲って貰った物でした。

1999年8月31日付の朝日新聞(朝刊)の記事

カマグラやバイアグラの成分であるシルデナフィルは、ニトログリセリンなどの硝酸剤との併用や、不整脈の薬であるアミオダロン塩酸塩との併用は禁忌となっています。ほかにも服用禁忌(飲んではいけない)は、心血管障害がある人、過去6か月以内に心筋梗塞を経験した人、高血圧の人です。

これらの禁忌事項に該当する人が、医師の診断を受けずに、友人や知人から譲ってもらったカマグラを服用した場合は、思いもよらぬ事態に陥るリスクがあります。

カマグラ自体に偽物等の危険性は見つからなかったものの、飲み方や使い方はバイアグラと同じように扱わなければなりません。正しく使用しないと、最悪の事態・死亡する可能性もあります。

シルデナフィル(バイアグラ)による死亡事故例

死亡例のうちの1例は70歳代の男性です。バイアグラを服用した後に性行為を行ったところ、胸が痛くなり救急搬送されました。心筋梗塞と診断されて治療を受けましたが、11日後に死亡しています。

もうひとつは40歳代の男性で、99年2月に突然死した例です。病院で死因の調査をおこなったところ、血液中からバイアグラの成分が検出されたため、家族などからの聞き込み調査で、バイアグラを個人輸入して服用していたことが判りました。

バイアグラのジェネリック事情

カマグラは、日本人の目線では、国際特許を無視したインド製のコピー版バイアグラと見ることもできます。カマグラは、日本国内では病医院を介す正規ルートでは流通していません。国内の大手製薬メーカーがバイアグラのジェネリック薬を発売したことも影響して、今後もカマグラは国内には流通しないでしょう。直接インド国内の薬局へ行くか、個人輸入しないと入手できません。

ネット上では、カマグラやバイアグラの偽物が多く出回っています。なかでも特に、中国製の物はかなり粗悪品です。また、送料などを含めて考えると、国内の大手製薬会社のバイアグラのジェネリック製品を処方してもらう方が安い、といった場合もあります。

内緒でこっそり、カマグラ使ってみませんか?

CTA-IMAGE カマグラゴールド100mgの買い上げ調査を行った結論、特におすすめしたいのは、あんしん通販マート(旧あんしん通販薬局)です。

はっきり言って価格は割高です。アイドラッグストアーやオオサカ堂に比べると、1.5倍ほど高くつきます。しかし、家族にも誰にも知られずに、秘密裏にカマグラを入手する条件が揃っています。

鉄則1. 支払いにコンビニ払いが使える
鉄則2. 受け取りに郵便局留めが選べる

アイドラッグストアーはコンビニ払いできる代わりに、商品の受け取りは自宅のみ。オオサカ堂は商品の受け取りに郵便局が指定できる代わりに、支払いは銀行振込みのみ。

あんしん通販マートなら、誰にも知られず、カマグラをこっそり入手できるのです。