糖尿病でEDになる確率は高い!糖尿病とEDの関係性

糖尿病でEDになる確率は高い!糖尿病とEDの関係性

EDは、さまざまな病気の合併症としてあらわれることもある病気で、中でも糖尿病患者がED症状を併発するということは、非常に多く報告されている事例となっています。

糖尿病患者がこの症状を併発する確率はどれくらいなのかというと、ある調査データにおいては「全患者のうち約80%ほどが発症している」と報告されているのです。健常者の発症率が4人に1人、25%ほどとされていることを踏まえると、糖尿病患者がEDを併発する2~4倍ほど高い高確率のものとなります。

ではどうしてそういった高い発症率に至ってしまうのかというと、この背景にはまず神経障害の存在があります。

神経や血管の障害でED

糖尿病は、その病気の中で全身の神経が破壊されて、さまざまな機能に支障をきたすことが知られていますが、この神経障害は勃起に関連する陰茎部周辺の神経に対しても発生することです。

陰茎部周辺にある勃起に関連する神経に神経障害が発生してしまった場合には、当然勃起は妨げられることになるでしょう。

次に血管障害についても重要であると考える必要があります。血液中に大量の糖分が混入してしまった場合、その血液は健常者のものと比べても、明らかに粘り気が増すことになります。

粘り気が増すということは、血管の壁に付着してしまいやすいということであり、そして血管の壁に血液が付着すると、当然血管は細いものになるでしょう。そうなれば血液の流れは阻害されてしまうわけですが、これが陰茎部周辺の細い血管で発生してしまうと、勃起のために必要な血液が上手く送り込めなくなってしまい、それによって勃起が妨げられるようになってしまうわけです。

さて、ではこうしたEDを引き起こす症状を、どのように直していけば良いのかというと、これはやはり生活改善が最も重要です。

生活改善で健康体を取り戻す

インシュリン注射などで状態をコントロールすることも重要ではありますが、どれだけ状態をコントロールしようとしても、そもそもの生活習慣に問題があるのならば、いつまでも改善は見込めないことになってしまいます。

そのためにまず行わなくてはならないのが食事の改善と運動習慣の取り入れです。

まず食事については、糖分とカロリーの少ないヘルシーな食事を心がけなくてはなりません。最近では糖尿食と言ったように、宅配サービスをしている業者もあり、利用することも可能です。運動については、ジョギングなど軽い負荷で長時間続けられる有酸素運動が有効です。

改善をしていかないと、精力も体力も衰える一方になってしまい、やがて手の施しようが無くなってしまいます。糖尿病予防に、また既に発症している人は、治療のために生活改善の努力をしていきましょう。

内緒でこっそり、カマグラ使ってみませんか?

CTA-IMAGE カマグラゴールド100mgの買い上げ調査を行った結論、特におすすめしたいのは、あんしん通販マート(旧あんしん通販薬局)です。

はっきり言って価格は割高です。アイドラッグストアーやオオサカ堂に比べると、1.5倍ほど高くつきます。しかし、家族にも誰にも知られずに、秘密裏にカマグラを入手する条件が揃っています。

鉄則1. 支払いにコンビニ払いが使える
鉄則2. 受け取りに郵便局留めが選べる

アイドラッグストアーはコンビニ払いできる代わりに、商品の受け取りは自宅のみ。オオサカ堂は商品の受け取りに郵便局が指定できる代わりに、支払いは銀行振込みのみ。

あんしん通販マートなら、誰にも知られず、カマグラをこっそり入手できるのです。